メリット事例

こんなに色々な場所で使われています!

高圧ガスなど各種ボンベに!

各種飲料の運搬に!

コピー機などのOA機器に!

エアコン室外機や
配電盤の搬入など!

オプションのパネルアタッチメントを付けて、ドアやソーラパネルなど

オプションのリフターで高さの有る積み込みや搬出も楽々です。

◆階段昇降時の事故の低減

素手や手動式の階段運搬車で階段昇降を行っている時にバランスを崩し大きな事故に繋がることは少なくありません。作業者はもちろん転落した荷物によって一般の通行人を巻き込んでしまった場合
社会的責任も非常に大きくなります。
電動階段運搬車を正しくお使いになることによって事故発生率は大幅に低下します。

◆作業効率・稼働率の向上

階段で重い荷物を運ぶ作業は必要以上に体力を消耗します。人間の行う作業は一日のを通して後半になればなるほど作業効率が低下する傾向にあります。電動式階段運搬車は常に一定のスピードで階段昇降ができるので、作業効率が向上します。
また、作業に掛かる時間配分がはっきりしているので、作業日程が組みやすく稼働率も向上します。

◆人件費・ランニングコストの削減

電動式階段運搬車を導入したことにより、作業者人数を2人から1人へ、4人から2人へ削減できます。
また、電動階段運搬車「電ネコ」シリーズは構造がシンプルで故障も非常に少なく、他社製のクローラー式(キャタピラー式)に比べて定期交換部品も少なくランニングコストも非常に優れています。人件費・ランニングコストの削減に大きく貢献します。

例:コピー機運搬会社

作業者人数 車両数 作業時間
導入前 4人 2台 約30分
導入後 2人 1台 約30分

◆職業病に対して

階段で重い荷物を運ぶことによる体への負担は想像以上です。仕事だからといって毎日、階段で重い荷物を運び、腰や足を痛め、それが積みかさなることで離職せざる得ない状況になる方も大勢います。なかには離職後もその症状を引きずり不自由な生活を強いられている方もいます。従業員を抱える企業にとっても優秀な人材を失う結果になります。
電動式階段運搬車を導入することで、このような労働負荷を低減することができます。

◆従業員の高齢化に対して

現在、少子化が進み、今後、どこの職場でも従業員が高齢化することは避けられません。若い時は軽々運んでいた荷物も歳を重ねるごとに少しずつ体の負担になっていきます。高齢化が進むと職場全体の平均年齢が上がり徐々に作業効率、稼働率が低下していきます。
電動式階段運搬車を導入することで、高齢者への労働負荷を低減することができます。